魚をさばくことに苦戦しているなら良い出刃包丁を買うのがオススメ

SITEMAP

包丁

出刃包丁とはこういうもの

包丁は本来「庖丁」と記し、本来は料理人(個人名という説もありますが)を意味したそうです。料理をするのにおいて、包丁は最も基本的な要素なのですね。私たちが普段使っているのは「三徳包丁」、一本で肉、魚、野菜を切れる頼れるヤツですが、魚をさばくのにおいては力不足かな、と思うことも。そんなとき手に入れておきたいのが出刃包丁です。
万能選手の三徳包丁に対し、出刃包丁は専門家。和包丁はジャンルによって細分化されていますが、これは三枚おろしが得意です。鋭い切っ先は身に刃先を入れられるようにするため、湾曲した刃は力を集中させることで、骨を切れるようにするためです。細身のものならば、おろした後も、これ一本でお刺身にまで加工できます。
出刃包丁は長さもいろいろ、プロは用途に応じて使い分けています。魚の大きさによって何本か取りそろえてみて、と言いたいところですが、ご家庭では刃渡り15センチ程度をオススメ。このくらいの長さがあれば、たいていの魚に使えます。
お刺身を作れるようになったら、夕飯のおかずに、酒の肴に。魚屋さんがお刺身の宝庫に見えてきます。いつものパック入りの代わりに、丸々一匹の魚を買って帰りたくなるはずです。

出刃包丁の刃の付き方と利き手

魚をさばくときに使われる、厚くて幅広い刃を持つ和包丁が出刃包丁です。この出刃包丁、一般的には片刃です。片刃というのは、刃物の片面だけを研いで刃を付けたものです。片刃の包丁の場合、研ぎの入っている面を刃表、入っていない面を刃裏といいます。ものを切る部分である刃先は、刃裏の面の先端部についていることになります。出刃包丁を、柄を手前(腹側)に、刃先を前に向けてもったとき、通常、右側が刃表、左側が刃裏となります。
つまり刃先は包丁の刃の左側に付いています。この包丁は、右手に持って使うとき、出刃包丁としての威力を発揮します。つまり、右利きの人向けの包丁です。それに対し、一部の出刃包丁は、刃先が包丁の右側に付いています。この場合、包丁の刃の左側が刃表で、右側が刃裏となります。そのため、この出刃包丁は、左利き用です。ところで、刃の両面に研ぎを入れて、刃先が刃の中央にくるようにしたのが両刃の包丁です。
洋包丁に多い形式です。両刃の包丁は利き手に関係なく同じように扱うことができます。そこで最近は、両刃の出刃包丁も作成、市販されています。これは、利き手に関係なく使える出刃包丁ということになります。しかし出刃包丁としての良さは少し劣ることになります。いずれにせよ、出刃包丁を入手する際は、値段だけでなく、利き手や、片刃にするか両刃にするかなども考慮する必要があります。

包丁と出刃包丁の違いとは

包丁は基本的に野菜を切るための包丁で、出刃包丁は刺身を切るのに適している包丁です。包丁は刃先が両方にあることから真っ直ぐに切れるので、野菜などをまっすぐ切るのには適していますが、出刃包丁で野菜を切る時には左斜めに切れてしまうため綺麗に切れません。ただ、出刃包丁で刺身を切る時は片刃のため、別の刃角から力がかかるため自然と刃が右に進み、刺身を切る時には綺麗に切ることが可能です。
もっと詳しく言うならば、包丁で魚をさばく場合だと、魚の骨や身にぶつかる可能性があります。左方向に切る時には苦労するどころか怪我もしそうです。それが出刃包丁だと自然と左方向にさばくことが可能なため、作業もしやすいです。また、刃の凹みがあることから魚との間に隙間ができるので、食材がくっつくようなこともなくスムーズに切ることができます。
これが凹みのない包丁で作業すると、魚の肉がくっついて、形が崩れてしまいます。結局綺麗にできないため、見た目が汚くなってしまいます。包丁と出刃包丁は出来ることと出来ないことが正反対になっております。摩擦が少ないと、食品の鮮度が守られるので、それぞれに合った包丁をチョイスしましょう。野菜を切る時には包丁、魚を切る時には出刃包丁を選べば間違いはないです。