魚をさばくことに苦戦しているなら良い出刃包丁を買うのがオススメ

SITEMAP

包丁

出刃包丁はもともと何を指す?

「出刃包丁」という名前はよく耳にするものの、実際どんなものなのか正確に説明できるひとは少ないかと思います。よく自宅で使うような万能包丁との違いはなんなのでしょうか?そもそも出刃包丁とはどんな包丁なのでしょうか?今回は出刃包丁についてご紹介していきたいと思います。 出刃包丁はもともと、魚を捌くために生まれた包丁のことを指します。
硬い魚の頭の骨を切り落とすために刃厚も厚く、刃付けも刃こぼれしないように手元3分の1を鈍角にしたりという工夫が凝らされています。そこまで力を入れずに、スパッと断ち切ることができるのが特徴。しかし、単に太い骨を切る様に設計されている訳ではなく、鱗を払ったり、内臓や小骨を器用に取り除けるように作られている、まさに魚専用の包丁といっても過言ではありません。ですが最近では肉を切り落とす際に使われることもしばしばありますね。
家庭用の万能包丁は、魚や野菜、肉からパンまであらゆるものを切れるように設計された現代の包丁なので、根本的に使用用途が違います。しかし、大きな魚を捌く際に骨を断ち切るのは少し力とコツがいります。本格的に一から魚を自宅で調理したいと言う人は、出刃包丁を最低でも一本は持っておくといいかも知れませんね。